www.creation-referencement-web.com

自己破産をする人でその借金にあたってその保証人となる人を立てているときにはきちんと相談をしておくべきでしょう。ここにおいて、改めてお勧めしますが保証人を立てているときは破産宣告の前に少し検討する必要があります。その理由はみなさんが破産申告をしてOKが出ると補償する立場の人が返済義務をみんな負うことになってしまうからです。だから、破産宣告の前に保証人になってくれた人にそれらの内容や現状について説明し、お詫びの一つもなくてはいけないでしょう。そういったことは保証人となる人の立場から見ると当たり前です。債務者のあなたが破産手続きをするのが原因で、多額の債務がふりかかってくることになるのです。それで、以降の保証人の取れる道は次に示す4つです。一つめは保証人自身が「みな返金する」という手段です。あなたの保証人がすぐにでも多くの借金を問題なく弁済できるというようなキャッシュをたくわえていれば、この方法が選択できるでしょう。そういう場合はむしろあなたが破産せずその保証人に立て替えてもらって自身は保証人に月々一定額を返すという方法も取れるかと思います。保証人があなたと良いパートナーであるなら、期日を繰り延べてもらうこともできるかもしれません。保証人が一括で返金が不可能でも貸方も分割による支払いに応じる場合も多いです。保証人に破産手続き行われると一円も戻らないことになってしまうからです。また保証人が保証した借金を代わって支払う財産がない場合は、借金しているあなたとまた同様にどれかの債務整理をすることを選択が必要になります。2つめの方法は「任意整理」を行う方法です。この場合債権者と相談することにより、だいたい5年ほどの時間で弁済する方法になっています。弁護士などにお願いするにあたってのかかる費用は債権者1社ごとにおよそ4万円。全部で7社からローンがある場合28万かかります。債権者との示談は自分でしてしまうこともできないことはないかもしれませんが、法的な経験のない方の場合債権者が自分に有利な和解案を提示してくるので気を付けなければなりません。ただ、任意整理になるということは保証人にお金を負担してもらうことを意味するわけですから、借金をしたあなたはたとえ少しずつでも保証人になってくれた人に返していく義務があります。3つめですがその保証人も破産した人と同じように「破産申告する」という選択肢です。保証人となる人も破産した人とともに自己破産を申し立てれば、その保証人の債務も帳消しになります。ただその場合は、もし保証人が有価証券等を登記しているならばその私財を失いますし、司法書士等の職務にあるのであるならば影響があります。個人再生制度を検討することができます。一番最後の4つめの選択肢ですが「個人再生による手続きを取る」方法についてです。マンション等を処分せずに負債の整理を希望する場合や、破産申告では資格制限に触れる職業に従事している場合に有効なのが個人再生制度による整理です。この方法ならマンション等は残りますし、破産手続きのような職種の制限、資格にかかる制限がかかりません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.creation-referencement-web.com All Rights Reserved.